急激に売り上げを伸ばす秘密

今日のメールは

急激に公共工事で成長したい人だけ

読んくれ。

kyuugekini3.jpg

毎年同じくらいの受注でいい

と思っている人は

読まなくていい。

 

 

「与信枠」を

知っているだろうか?

 

この与信枠は、

保証会社が出すもので

保証会社は3つ

1、東西日本建設保証

2、損害保険会社

3、銀行

 

落札したら、

契約保証が必要なのは

ご存知の通り。

その契約保証の保証の枠のことだ。

 

1年更新で毎年設定される。

kyuugekini4.jpg

この与信枠を

余らせていないだろうか?

 

経営事項審査でも

元請けの仕事の総額

=公共工事の受注総額

の数字が多ければ多い程、

点数が上がる。

ランクを上げることができるのだ。

 

与信枠は、

1年でここまで受注しても

保証しますよー

と言ってもらっているのだ。

 

それ上限まで受注しているか?

 

順番が逆の会社ばかりだ。

 

入札⇒落札⇒保証

こうではない

保証⇒落札⇒入札

 

なのだ。

kyugeki6.jpg

あなたは

与えられた権利を

使っていないから

伸びないのだ。

 

保証会社から1年間で

1億まで受注しても保証しますよ

と言ってもらっているのに

2,3000万しか受注しない。

kyuugeki7.jpg

元請け工事が伸びないので、

経審も伸びない

そうすると

ランクが上がらないので

単価も上がらない。

 

急激に伸びた会社は

与信枠の上限まで

毎年ほぼ使い切る。

 

そうすると

経審も上がり

単価も上がる。

 

そうやって

大きくなっていくのである。

kyuugeki9.jpg

公共工事はつまるところ

受注単価アップの競争なのだ。

 

 

ある会社の社長は、

私に

「与信枠のために仕事はしていない」

と言われた。

 

その社長は、

与信枠が何のか、

わかっていないのである。

 

 

あなたは、

権利を目一杯使って

単価を上げろ!

他の社長は

まだ気づいていないゾ!

 

3年で売上3倍になるぞ。

実際、私のクライアントは

2年半で3倍になった。

 

さあ、あなたも

このレースに参加しよう!

kyuugeki8.jpg

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です